レース紹介

JBCレディスクラシック

2016年優勝馬 ホワイトフーガ号

2016年優勝馬 ホワイトフーガ号

体系図 ~Road to JBCレディスクラシック~

体系図 ~Road to JBCレディスクラシック~

レースのポイント!

「1日でJpn1競走が3つ実施されるダート競馬の祭典!」
2001年より、全国の地方競馬場の持ち回りで実施されているJBC競走は今年で17回目。
創設時は「JBCクラシック」及び「JBCスプリント」の2競走からスタートし、
2011年大井開催から牝馬によるカテゴリー「JBCレディスクラシック」が行われるようになった。

【JBCレディスクラシック@大井1,800m】
牝馬限定としては唯一のダートJpn1競走。
ダートグレード競走で活躍する牝馬が一堂に会し、"ダート女王"の座をかけたし烈な争いが繰り広げられる。

過去6回の成績はJRA勢の6戦全勝。
地方勢で3着以内に入ったのは2012年2着クラーベセクレタ、同年3着サクラサクラサクラ、2016年3着トーセンセラヴィのみとなっている。
ただ、近年はJRAから牝馬重賞が充実している南関東に移籍する馬も多く、レベルの高いレースになることは間違いないところだ。

JBCレディスクラシックの重要なトライアルは10/5(木)大井で行われる「レディスプレリュード(Jpn2)」。
レディスクラシック創設以来、2011年、2012年ミラクルレジェンド、2013年メーデイアがレディスプレリュード&JBCレディスクラシックを連勝!
2014年はレディスプレリュード2着のサンビスタがJBCレディスクラシックを制覇。
そして、2015年はレディスプレリュード3着、2016年は同2着のホワイトフーガがそれぞれJBCレディスクラシックを制している。

女王ホワイトフーガが参戦してくるようであれば"3連覇"を狙う一戦となる。

参考レース
7/6 川崎 1,600m スパーキングレディーカップ(Jpn3) アンジュデジール
8/17 門別 2,000m ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3) マイティティー
10/5 大井 1,800m レディスプレリュード(Jpn2)  
レース概要
実施日 11/3(金祝)
競馬場 大井競馬場
距離 1,800m
出走条件 サラ系3歳以上牝馬
負担重量 3歳54kg 4歳以上55kg
優先出走権 なし
  • キャンペーンに戻る