レース紹介

習志野きらっとスプリント

2023年優勝馬 キモンルビー号

2023年優勝馬 キモンルビー号

体系図 ~3歳以上短距離~

体系図 ~3歳以上短距離~

レースのポイント!

2011年から続いてきた「スーパースプリントシリーズ」。
各地のトライアルを勝ち抜いたスピードスターが集う、ファイナルの舞台を担ってきたのが習志野きらっとスプリントだ。

その「スーパースプリントシリーズ」は2023年を区切りに役目を終え、新たな時代へと突入することになる。
それでも、船橋1,000mという極限スピードを競い合うレースであることに違いはなく、全国からスピード自慢が集結するだろう。

歴代優勝馬には3連覇を達成したラブミーチャン。
さらには、ナイキマドリード、ルックスザットキル、アピア、ノブワイルド、キモンルビーなどの実力馬が名を連ねる。

新たな歴史の1ページに名を刻むのは?
真夏のスプリント決戦は暑い熱いレースとなることに間違いない。

参考レース
5/28 船橋 1,000m ドレミスプリント(習志野きらっとスプリントTR) マッドシェリー
5/29 船橋 1,200m 若潮スプリント(S3) ギガース
6/11 川崎 900m 川崎スパーキングスプリント(S3) プライルード
6/27 船橋 1,200m 千葉日報賞スプリント(準重賞)  
レース概要
実施日 7/18(木)
競馬場 船橋競馬場
距離 1,000m
出走条件 サラ系3歳以上
負担重量 3歳53kg 4歳以上56kg 牝馬2kg減
2022.7.18~2024.7.5までのダートグレード競走・JRA重賞勝ち馬2kg、
南関東S1・S2重賞勝ち馬1kg加増
(2・3歳限定競走の成績を除く)
優先出走権 1着の南関東所属馬に
「アフター5スター賞(S3)」「東京盃(Jpn2)」「テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3)」の優先出走権付与
  • 戻る